Airbnb”民泊ビジネス”で月間130万!! 秘訣は明確なコンセプト!

Airbnb(民泊)で月額130万稼ぐには明確なコンセプトが必要だ!!を人通りが多い道に面してコインパーキングで回転率を向上させて利益を増やす「タイムズ24」の方法に学び、宿泊期間を短くしつつも回転数をあげることがAirbnb(民泊)のポイントだ!と指摘。

”おもてなしの線引きを明確にしておくことが大切だ”

線引きすることにより万人受けはしないが、コンセプトを明確にすることができるのです。Airbnb(民泊)利用者の方の中で、生活水準が高く英語を話せる人の多い欧米系を意識して部屋を作ります。体型に合せ大きめの家具を用意したり、水周りのスペースを広めに設計するだけでなく、たとえば『大阪城』『姫路城』などの城は欧米でもの人気は高い!

そんなエリア周辺でビジネスを展開するなど場所にまでこだわっているのだ。一方、アジア系の方が好むのは『東京ディズニーリゾート』『ディズニーシー』で、比べるとエリアだけでも大きな差があることがわかります。この線引き(コンセプト)が大切である。

そもそも『民泊』は、海外セレブのマライア・キャリーやビヨンセも行ってい話は有名である。

この書籍はAirbnb(民泊)ビジネスで成功するノウハウが網羅されている1冊になっている。

『ゼロから始める!民泊ビジネスの教科書』 川畑重盛/KADKAWA