ついに福岡市が民泊解禁へ!!

福岡市が民泊解禁へ 旅館業法施行条例改正で規制緩和

 
9月21日、福岡市で旅館業法施行条例改正案が可決され、
民泊解禁に向けた規制緩和がいよいよ本格的になってきたようです。

2016年4月に国は旅館業法の運用緩和(旅館業法施行令の一部改正、簡易宿所営業における玄関帳場に関する通知の見直し)
を実施したものの、多くの自治体では上乗せ条例でフロントの設置などが義務付けられていたため
これまで規制緩和は思うように進んでいませんでした。

ですが2016年12月に施行される本改正により、

福岡市ではマンションの一室でも民泊営業が可能になります。

 
福岡は訪日外国人に人気の都市の一つであり、現在は市内だけでも
1000を超える物件の民泊が、Airbnbで公開されています。

このように福岡市では、今後も更なる民泊の広まりが期待できそうです。
ご興味をお持ちの方はぜひ一度、お気軽にAirbAgentまでお問い合わせいただければと思います。