特区民泊 2泊3日から可能に緩和の見通し

特区民泊の最低宿泊日数が現行の6泊7日から2泊3日に緩和することが決まった。

政府国家戦略特区諮問会議で決まったもので、近く政令を改正する見通しで、訪日外国人の増加で宿泊施設の不足を解消させる狙いがある。

対象となる特区は35市町村。その中に福岡市はまだ入っていない。

安部政権は民泊を重要な項目とみなしており、最低宿泊日数を緩和することで民泊を普及させる事を狙いとしている。