民泊の新しいニーズ!「高級民泊」

マンションなどの空室を利用して、都心・市内での一点集中型民泊はホスト同士が宿泊料金を下げて稼働率を上げているため本来はもっと高い利益を生むはずの民泊マーケットはレッドオーシャン化しはじめている。

そこでAirbAgentが新しく企画したのが『高級民泊』だ。

日本の社会問題である空き家・古民家をリノベーションして日本の古き・良き風土や文化を堪能できる快適な宿泊サービス

郊外の藁敷き屋根や納屋で宿泊できるのは日本の風土・文化に興味を持っている訪日外国人以外にも藁敷き屋根を知らない世代の日本人にとっても魅力的な体験です。
宿泊する施設は従来式の「お部屋」でなく、古民家まるまる一軒貸になる為、宿泊料金は高めの設定です。
しかし、日本独自の風土や文化を体験でき、一棟自由に利用できるという価値には高いニーズがあります。
以前、AirbAgentでもご紹介したモデルにも人気Airbnb女子会などのお部屋が高いニーズと集めていると話題にもなり、ホテルとは違う「高級感」「非日常的体験」が新しいニーズになっています。

これからの民泊市場において、似たりよったりのお部屋より差別化を図ったコンセプトがゲストの目を引く魅力的な物件として人気を集めるのだ。