情勢の不安定な住居での民泊市場に新たな風!

住居での民泊が合法化の流れで進ん重いる新法民泊だで、簡単に合法に民泊が出来るようなり益々民泊市場が盛り上がりを見せる中、「営業日数制限」の内情にはまだまだ目が離せない状況だ。

そこで民泊市場に新しい旋風を巻き起こすマーケットが今年9月に日本でもサービス開始予定だ。
そのサービスとは

キャンピングカーでの新しい民泊

仕掛け人はアメリカで最大級のキャンピングカーレンタル会社である「エルモンテRV」

 
日本の訪日外国人客向けに住居でなくキャンピングカーを貸し出すサービスで、料金は1台1日3万円になるという。

ホテル不足が深刻化する主要観光都市(福岡、東京、京都、名古屋)への訪日外国人客をターゲットにしており、キャンピングカーはこのホテルの不足という環境下で、訪日旅行客の有力な受け皿になると予想している。
訪日外国人だけでなく、アウトドア―好きな家族旅行のも需要はありそうだ。

あれあれAirbAgentもこういったサービスをAirbnbで活用して新法民泊に対する不安定条例の打開策も検討しておりますので、指針が決定次第AirbAgentニュースで公開致します。