Airbnb、国内で5,207億円の経済効果と推計。福岡はゲスト滞在上位都市第4位。

Airbnbは6月15日、Airbnb内部のデータと2016年2月に実施しゲスト/ホストへの調査の結果を基に、2015年の「日本におけるホームシェアリングに関する活動レポート」を発表した。

Airbnbコミュニティが2015年に経済活動により創出した経済効果は5,207億円(44億ドル)、利益は2,363億円と推計。

日本のAirbnbホストのホスティング(ホームシェアリング)による年間収入額は平均で122万2,400円で、年間貸し出し日数の平均は101泊。ホストの平均年齢は37歳で、特に50代以上の層が急増しており、ホスト全体の約14%を占めるという。

日本のAirbnbリスティングに宿泊した訪日外国人客の数は138万3,000人以上。1人当たりの平均宿泊日数は3.5泊。ゲストはこれまで観光産業の恩恵が少なかったローカル地域も訪れていて、その利益は地域コミュニティへも入ってきている。
Airbnbを利用した訪日ゲストの滞在上位10都市は、1位東京、2位大阪、3位京都、4位福岡、5位札幌訪日ゲストの上位5カ国・地域は、1位米国、2位中国、3位オーストラリア、4位韓国、5位香港となった。

Airbnbグローバルポリシー&パブリックアフェアーズ責任者のクリストファー・レヘイン氏は「日本は世界で最も人気が高く、成長著しい市場のひとつです。実際、Airbnbを利用した訪日外国人の数は急速に増えており、昨年の伸び率は500%となっています」とコメントしている。

引用元: マイナビニュース