国際会議の開催数ランキング2015、日本は全世界7位、都市別では大阪・福岡が上昇

日本政府観光局(JNTO)は、国際会議協会(ICCA)がとりまとめた「2015年の国際会議件数の統計(暫定値)」を発表した。これによると、2015年に世界で開催された会議件数は1万2076件で前年よりも571件増加。ICCAの調査ベースで過去最高となった。このうち日本で開催された国際会議は前年比18件増の355件で日本の過去最高記録を更新。昨年と同じく、アジア・オセアニア・中東地域で1位。世界の総合ランキングでも7位。

世界で最も国際会議数が多かった地域は欧州(6579件)。アジア(1993件)、北米(1417件)の順だった。国別ではアメリカ、ドイツ、イギリス、スペインの順。2015年はアメリカが唯一900件超えを記録。昨年3位のスペインが4位となった。

アジア・オセアニア地域でみると、1位の日本(355件)に続き、2位は中国(333件)、3位は韓国(267件)、4位はオーストラリア(247件)。韓国は前年よりも45件増加し、13件減となったオーストラリアと順位が逆転した。

アジア・オセアニア地域の国別・国際会議数の推移は以下のとおり。

国内都市別では、東京が80件(世界28位)、京都が45件(同57位)、

福岡が30件(同85位)

、大阪23件(同115位)。上位2都市は前年と同じだが、福岡は前年の7位から3位へ大きく上昇し、大阪も前年の10位から4位に躍進。昨年3位だった札幌は6位となった。
国内都市別の国際会議開催件数上位は以下のとおり。

引用元: Travel voice