民泊ビジネス。副業の枠を超えて不動産投資へ

個人宅の空室を有料で貸し出す「民泊」については、政府の規制改革会議が一定条件の下で解禁する方針を打ち出すなど、法制化に向けた動きが活発になっている。一方で「Airbnb」などの民泊サービスが先行する現状もあり、「宿泊者・運営者双方が安心して民泊を利用できるよう、関連法規をクリアしてサービスを提供するための「民泊の現状から運営方法までまるわかりセミナー」が福井県のコワーキングスペースで企画された。

 講師にて、ゲストハウス運営やAirbnbコンサルティングなど、同社の事例を基にした民泊の現状や運営手法を紹介した。セミナーには行政書士も同席し、建築基準法で定められた「用途変更」についてのアドバイスなども得られた。

今後の民泊ビジネスとして 

「不動産オーナーや金融機関なども強く関心がよせられ、民泊市場への関心の高さを感じる。
民泊サービスが不動産リノベへの活性化に繋がっているおは間違いない。

airb-agent_logo
AirbAgentは単なる民泊運用代行サービスだけでなく、不動産の価値を高める為のリノベも提案しています。
リノベに掛かる資金調達から銀行折衝をトータルサポートにて提供しております。