【新施設オープン予定】福岡市ホテル市場の救世主

増加し続ける訪⽇外国⼈も安⼼して泊まれる
最先端テクノロジーホテル「Trip Base HAKATAEKIMAE(トリップベース博多駅前)」が
8⽉1⽇に弊社(株式会社リクリエ)運用の下グランドオープン予定です!

弊社では最先端のIT技術を駆使した宿泊施設の展開を予定しています。
積⽔ハウス株式会社が施工する建物で快適かつ広々としたリビングスペースを有し、
今までのホテルとは⼀線を画す「新たな宿泊スタイル」を提供していきます。
既に2018年8⽉から2019年3⽉までに7棟の新規オープンが控えています。
そして今回はその”第1弾”となる宿泊施設のオープン⽇程が決定しましたことをご報告いたします!
予約受付は6⽉から既に始まっています。ご予約ご希望の方はBooking.comで「トリップベース博多駅前」とお調べください。

以下、「トリップベース博多駅前」の詳細です。

<新たな宿泊スタイル「Trip Base HAKATAEKIMAE(トリップベース博多駅前)」>
【特徴】
■IoT導⼊ のスマートホテル
訪⽇外国⼈やビジネスパーソンをターゲティングし、客室は⾼速無線Wi-Fi完備。また、客室に設置した4ヶ国語対応タブレットでホテルご利⽤案内や各種専⽤アプリと使う事で宿泊者のユーザーエクスペリエンスの向上に繋げる事が可能。セキュリティに関してもITV監視システム(※1)で、リクリエ本社にて24時間監視が可能となっている。
※1︓I TV=industrial television。監視カメラによる監視システムのこと

■スマートロックによるストレスフリー
電⼦錠による暗唱番号での⼊室になる為 、従来の鍵やカードキーといった紛失トラブルの解消。
尚、暗唱番号は毎⽇⾃動で変更される。

■⾃動チェックインシステムによる記帳業務のスマート化
フロントでのチェックイン時に必要な記帳業務をタブレッ トで⾏う事で、宿泊者名簿の電⼦化を図る。

■「⼤⼈数が泊まれる客室」
宿泊施設不⾜が深刻な問題と なっている福岡市。そこに更なる追い⾵、⺠泊新法の制定や期待されるインバウンドの増加により問題は加速する⼀⽅である。
特にインバウンド層に⼈気の「⼤⼈数が同じ部屋に泊まることが出来る宿泊施設」の不⾜が著しい。
そこで今回オープンする施設はメゾネットタイプで最⼤9名までの受け⼊れを可能としている。

■積⽔ハウスの建築物のアピールポイント
重量鉄⾻の強さと設計⾃由度を両⽴した「 フレキシブルβシステム」を採⽤し1階から4階までの間取り変更が⾃在にできます。25cm単位で柱を⾃由に配置できる柔軟性と60m級の⾼層ビ
ルと同じ耐震基準の設計が可能な今回の商品「べレオ」は狭⼩地において潜在能⼒を発揮し敷地の有効利⽤性を最⼤限に引き出しております。建物保証は30年と品質にも⾃信をもってお届けしております。

<施設概要>
名称︓Trip Base HAKATAEKIMAE(トリップベース博多駅前)
所在地︓福岡市博多区博多駅前4丁⽬34番1号
アクセス︓ JR「博多」駅徒歩約8分
延床⾯積︓337.22㎡
定員 ︓29⼈
施⼯ ︓積⽔ハ ウス株式会社
設計 ︓積⽔ハウス株式会社
竣⼯ ︓平成30年7⽉
構造規模︓重量鉄⾻造4階 建
オープン︓2018年8⽉1⽇(⽔ )
WEB予約︓https://www.booking.com/hotel/jp/trip-base-bo-duo-yi-qian.ja.html
電話予約︓092-292-2431