Airbnb違法物件非掲載へ

Airbnb、民泊掲載へ届け出必須へ

本日、2018年3月10日より6月施行の民泊新法に向けた事前届け出が可能になりました。
それに伴い、3月14日にAirbnbが今後の取り組みに関して説明会を開きましたので、
簡潔にご説明致します。

結論から申し上げますと
6月15日以降の無許可物件はAirbnbに掲載出来ません。
現在、掲載中の物件に関しても届出番号などの営業許可を提出しなければ
非掲載となり実質、違法物件は営業出来なくなります。
実際に本日Airbnbからホスト宛に申請をするようにメールが届いています。
Airbnbのリスティング管理ページでも届出番号を記入する項目が追加されていますので
違法物件を営業しているホストは、許可を取る準備をする必要があります。

観光庁が厳しく、Airbnbを始めとする仲介サイトへ厳しく指導していることから
完全に違法物件に歯止めをかけることになるようです。
既に6月15日以降に入っている予約に関しては現在検討中との事ですが、
こちらも動向を注目する必要があります。

Airbagentでは、運用代行に加え、メッセージ代行サービスの運用を開始しています。
6月以降の運営に関するお問い合わせ、新規でのお問い合わせもお気軽にご連絡下さい。