民泊新法における住宅宿泊管理業者とは

来年6月15日に施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)

こちらで運営業務を代行するのが【住宅宿泊管理業者】です。

民泊新法では民泊ホスト(住宅宿泊事業者)は【住宅宿泊管理業者】に業務委託をしなければならないと規定されました。

 

【住宅宿泊管理業者】のやらなければならないことは

☆苦情対応

☆予約管理

☆宿泊者の管理(宿泊者名簿の作成、保存など)

☆衛生管理

☆安全確保

以上のような多岐にわたる管理業務が求められてきます。

民泊新法では住宅管理業者が実際の役割を担うことが多い為、非常に重要になって参ります。

 

 

 

民泊新法での運用のお考えの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談お待ちしています。