民泊とブロックチェーンの繋がり

民泊とブロックチェーンの繋がり

今回はニュースでも多く取り上げられるようになった
ビットコインなどの”仮想通貨”で用いられる”ブロックチェーン技術”
と民泊事業との関係性の記事になります。
実は民泊事業とブロックチェーン技術は無関係ではなくとても繋がりが深く
今後の民泊市場の動向を先読みするヒントになります。

最初に、日本で最も成長市場の5代重要産業を国が発表しました。
1.AI
2.ビッグデータ
3.シェアリングエコノミー
4.フィンテック
5.IoT
民泊市場は3位のシェアリングエコノミーに入り、それだけでも凄いことなのですが
実はシェアリングエコノミーのみがその他全てを組み合わせる事ができると言われてるんですね。

フィンテックの一つである
ブロックチェーン技術は複数のコンピューターにおいて取引を記録する仕組みにより、顧客情報の保護や不正改ざんの防止などに強みがあります。
世界では不動産管理に政府がブロックチェーン技術を活用し始めている国も存在しています。
今後、実現された暗号通貨を使用すれば、国境を越えた海外送金も安全かつ瞬時に行うことができるようになります。
この技術を民泊事業ではスマートロックなどを通して
・安全性を高める
・ゲストが宿泊先の検索/予約
・解錠/施錠
・宿泊費などの清算
など一連の手続きをスマホで一連して簡単にできるようになります。

IoT活用ファミリーホテルが実際にオープンし、
IoTデバイスが販売されるなど今後はやはり民泊市場にもITを活用した
新しいサービスなどがどんどん生まれてくるでしょう。

どのデバイスや技術を用い、業務を効率化していくのか
見極めるための情報が必要になってきますね。
私たちAirbAgentの代表は福岡が拠点ながら
毎週東京・大阪に行き様々な企業と情報の共有を行っています。
実際に弊社CTOとAI・ビッグデータ・フィンテック・IoTを駆使したシステムを開発中です。

これらの技術を用いた運用やシェアリングエコノミーの仕組みを構築しています。
民泊を始めてみたいホスト希望の方、企業として民泊市場に参入を検討の企業様からのお問い合わせをお待ちしております。