Airbnbの緊急災害支援プログラムとは

前回の記事にもありましたとおり、弊社では北部九州における大雨において被害にあわれたみなさまの手助けをすべく活動をしております。

AirbAgentの主な事業は、オーナー様の物件をAirbnbで運用し、お部屋の価値を最大限高めてオーナー様に還元すること。
そんなAirbnbに、『緊急災害支援プログラム』があることをご存じでしょうか?

自然災害において一番被災者を窮地に立たせるのは、寝る場所が無い、体や髪を洗えない、パーソナルスペースがない、トイレがない、といった点です。これらは心理学者マズローが自己実現理論において「人間が生きる上で最低限満たされていなければならない生理的欲求」だと言われており、これらを突然失うことは全ての人にとって大変酷だと言えます。

そんな状況下で、Airbnbの緊急災害支援プログラムでは、被災者の方が無料でAirbnbに掲載されている物件に宿泊することができます。また逆に、ホストが無料で被災者の方に部屋を貸し出すこともできます。更に、現地で活動する救援団体や支援団体に対しても、大人数で宿泊できる物件の紹介をおこなっています。

緊急災害支援プログラムページでは、現在世界のどこで自然災害が発生しているのか、どのような災害なのかを簡単に確認でき、地域名をクリックすることで緊急宿泊所として無償で提供されている部屋を確認することができます。

あまり知られていませんが、Airbnbは政府やNGO、そして民間のホストたちと協力しながら迅速な災害支援活動を行っているのです。

民泊サイトとして全世界に普及し、民泊の概念を変え、日本の法律をも動かしたAirbnb。弊社はそのAirbnbとパートナーシップを結んでおり、緊急災害時には常に住宅の提供等の手助けをする準備ができております。

Airbnb緊急災害プログラムについての詳細はこちら(公式サイト)

リノベーション・旅館業取得~運用まで全て代行可能、福岡での合法民泊・簡易宿所のご相談などはこちらまで。