簡易宿所とは

簡易宿所とは

これまで、民泊新法に伴って”合法民泊”についての記事を書いていましたが
記事の中にも出てくる”簡易宿所”について詳しく説明します。

まず、合法民泊の言葉が使われるはるか前より簡易宿所という言葉は存在しています。
1948年に公布された旅館業法における旅館業の一つになり、
残り3つは、ホテル営業・旅館営業・下宿営業になっています。

簡易宿所として、登録されている代表的な宿泊所の例には、
カプセルホテル・民宿・ドミトリー・キャンプ場のバンガローなどがあります。
皆さんが宿泊所として多く利用する、ホテル・旅館以外の宿泊施設は
基本的に簡易宿所の許可を取っていることになります。

簡易宿所にするメリットとして

一定の基準を満たすことで、個性のある宿泊施設を作ることができるという点です

弊社で簡易宿所取得・リノベーション・インテリアコーディネートなどのサービス開始前~現在の運用も
全てサポートさせて頂いている簡易宿所許可物件の事例を紹介しますね!

Vacation Rentals AKASAKA

こちらは一棟全てリノベーションを行い、4部屋の寝室を用意しました。
最大12名まで宿泊可能で、ここまで大人数に対応しているところはあまりないのでしょうか!?



より多くの写真はこちらから確認頂けます。ご一緒に宿泊予約もお待ちしてます!
楽天トラベル
Airbnb
Booking.com
Expedia

Expected Inn.

以前も紹介した物件ですが、ホテルなどではできない内装に仕上げています。
今後宿泊予定の方が、プロポーズをするために宿泊するとの予約がありました。
このような用途で使われる宿泊施設も簡易宿所ならではなのではないでしょうか!?



楽天トラベル
Airbnb
Booking.com
Expedia

以上のように、オーナー様のご要望に合わせて
リノベーションを行うなど、
オーナー様一人一人に対してオーダーメイドの宿泊施設をご提供することが可能です。

民泊新法に伴う合法民泊は初期費用が抑えられ、始めやすいですが
180日などの規制がなく、ホテルサイトへの掲載も可能な簡易宿所として民泊運用をするのも
選択肢の一つとして考えてもいいかもしれません。

私たちAirbAgentが、リノベーション・旅館業取得~運用まで全て代行可能ですので
福岡での合法民泊・簡易宿所のご相談などお気軽にご連絡ください。