【Airbnb】”今”始めるべき理由

民泊新法成立による”波”

民泊新法が可決され、政府は2018年1月からの施行を目指しています。
ここで考えられる流れが2点あります。

[新規参入者の急増]

[無許可物件の一斉摘発]

現在、Airbnbに掲載されている部屋の3割が無許可物件です。
そして5割が許可の有無不明という状態です。(おそらくほとんどが無許可であると考えられます)
ということは現在運用されていて実績のある部屋は間違いなく許可取得を目指します。
もしくは上限180日という規制による撤退が考えられます。

生き残るのは実績良好物件のみ

以上の点から考えると今後残る部屋はいわゆる「いい部屋」のみです。
その戦場で戦い生き残る為には”先手”を打つことが大事です。

予約が増えるまでに3ヶ月

弊社の運用データから物件を掲載して3か月は予約が伸びない傾向にあることが分かっています。
これは「レビュー数」「宿泊実績」「検索上位表示」が上手く噛み合い予約数が落ち着くまでに確実に必要になる時間と考えられます。
つまり予約数を増やす為には確実に時間が必要です。

“今”始めることに意味がある

今後民泊の運用をお考えの方は”今すぐ”のお問い合わせをオススメします。
「何が必要か」「どうすれば予約を増やせるか」「ゲストは何を求めているのか」
弊社には”ノウハウ”があります。
ご一緒に”日本のおもてなし”をご提供出来る日を楽しみにしております。
AirbAgent